オイスターナイフ

カナダからの贈り物

カナダのシャッカーからナイフをもらった。

最初はこんな感じで刃は分厚く、先端は丸まっています。

これを自分のスタイルに合わせてグラインドしていく。


続きを読む 0 コメント

検査票があればいいのか?

ノロウィルスの検査票も、信用性のあるものとないものがある。

 

ぼくが個人的に「大丈夫なのか?」と思ったことを書く。

 

○○漁協の検査票。

 

漁協ってそれが大きければ大きいほど、広範囲に筏が存在することになる。

 

それらを漁協のプールに集めて、その中の20個程度をチョイスして検査に出す。

 

 

 

川の近くの筏もあれば、遠くの筏もあるから、

 

たまたま検査でノロが検出されない個体だったって可能性もある。

 

 

 

まぁそんな可能性よりも、提供者がノロを保菌している可能性の方が

 

何倍も高いんだけどね・・・。

 

提供者も定期的に検査をしなきゃ。

 

 

 

そういう意味ではラーメン屋でノロをもらって発症することだってある。

 

手でトッピングさわるでしょ。

 

でも、一番に疑われるのは『牡蠣屋』なのだ・・・。

 

 

 

 

19 コメント

牡蠣の種類

世界で食べられている牡蠣はほとんどが真牡蠣。

 

真牡蠣は、イタボカキ科マカキ属の牡蠣。

 

病気に強く、産卵数が多く、成長が早いから、いろんなところで大繁殖。

 

 

この真牡蠣を育てていて、生産者たちがいろいろな名前で売っているのだ。

 

「まるえもん」これは北海道の厚岸の真牡蠣、

「坂越」これは兵庫県の坂越湾の真牡蠣

「ふわふわ」これは長崎県の真牡蠣etc...

 

ぜんぶ真牡蠣です。

 

が、生産者によって、海によって全く違う味になります。

 

 

 

 

つぎに有名なのは「岩牡蠣」

 

岩牡蠣は、イタボガキ科マガキ属イワガキ

 

真牡蠣とは生息場所・産卵方法・殻の形成がちがう。

 

 

 

 

「シカメカキ」は、アメリカでクマモトと呼ばれている牡蠣で、有明海原産

 

「スミノエカキ」は、平べったいものが多く、腹に身が入らないという特徴

 

「ヨーロッパヒラカキ」

 

「シドニーロックオイスター」

 

「オリンピア」

 

「ヴァージニカ」

 

 

いろいろあるね。

 

 

 

 

 

珍しい牡蠣、たべてみたい???

 

 

0 コメント

森が消えれば牡蠣も死ぬ

牡蠣植物性プランクトンを食べて成長している。
植物性プランクトンに必要な『鉄』・・・。
鉄は光合成の電子伝達系などに深く関わっていて、
植物プランクトンが生きていくには必須の元素!
しかし鉄(酸化鉄)は海水には溶けにくい。
そこで、『フルボ酸』の登場だにょ。
フルボ酸は腐植土に含まれている有機酸で、森から川を通して河口付近に共有される。
フルボ酸が鉄と結びつき、フルボ酸鉄となって、植物プランクトンがこれを吸収する。
そして植物プランクトン豊富な海は、牡蠣をよく育てることになる。
「牡蠣のために森を守る」ということは、フルボ酸鉄を植物プランクトンに供給し、
それを牡蠣が食べてよく育つ、というサイクルをつくることにもつながるのだ。
0 コメント

新しい衛生基準について

だOysters Japanでは、牡蠣や人から人への食中毒の危険性を0%に近づけるための衛生基準を定める。

 

 

その衛生基準のMTG。

 

 

「絶対というのは無理だけど可能性を下げる」というのがテーマ。

 

 

店舗の費用負担との兼ね合いも考えつつ・・・

 

 

地元の保健所や微生物研究所などに情報をもらいながら基準を定めた。

 

 

 

1 冬場は2週間に1回の検便検査&結果の掲示(夏場は2か月に1回)

常勤者の不顕性感染者の発見のため

2 体調管理表の提出

パートタイマーの体調管理

2 牡蠣検査票の店内提示

見えやすいところに掲示版を設置

3 11月~3月は素手で食べる食べ物を減らす

手からの経口感染がノロによる食中毒の多くを占める

4 温水シャワーの手洗い

もみ洗い+15秒のすすぎで100分の1に減らすことができる。

冷たい水じゃ15秒すすげない

5 1日1回営業後にトイレの次亜塩素酸殺菌

ノロはトイレから

6 ウォシュレット

言わずもがな

7 手洗い場から着席までにドアがないような設計

ドアノブに付着している可能性が高い、手洗い後にトイレのドアノブに触れたらOUT

 

まずはこのようなこと。

 

 

 

オイスターズジャパンは

 

「明確な衛生基準を持った提供者と消費者・生産者のための団体」

 

 

 

0 コメント

牡蠣の呈味

牡蠣の旨味や甘味はアミノ酸とグリコーゲンの合作だ。

 

呈味との関係ではエキス分に含まれる遊離アミノ酸が重要。

 

このアミノ酸の旨味をグリコーゲンが後味感をだすのだ。

 

遊離アミノ酸として含有量が多いのは、

 

タウリン・グルタミン酸・グリシン・アラニンの4種が主。

 

グルタミン酸は旨味、グリシン・アラニンは甘味をもち呈味を左右する。(タウリンは無味)

 

特にグルタミン酸はアワビやホタテの2~3倍も含まれていて強い旨味をもっている。

 

 

最近話題になっている「カキ肉」だが、

 

「肉に旨味成分を足して食べる」という観点でみて、理に適っている食べ方だと思う。

 

これからは牛肉には生牡蠣をソースとして、

 

豚肉だと薄切りロースを牡蠣にまいてしゃぶしゃぶがおいしかったよ。

 

 

6 コメント

【⚠危険】加熱用がおいしい?その3

③は生食用として出荷できるけれど、

 

 

滅菌水で浄化せずに出すので加熱用としている牡蠣。

 

 

 

 

牡蠣小屋やガンガン焼きをするときは

 

 

こういう牡蠣を使っているところを選びたい。

 

 

食中毒を避け、きれいな海で育った牡蠣を味わう。

 

 

 

 

 

このサイトにくるような皆さんは「安いから」って理由だけでお店を選ぶことは

 

 

しないと思うけれど、知識をちゃんと得ないとなかなかねぇ。

 

 

 

 

 

検査票の店頭展示義務なんかがあったらいいんだけれど。。

2 コメント

【危険⚠】加熱用がおいしい?その2

日本の法律では

ノロウィルスが大量に入っていても

生食用として出荷してもよい

ということwww

 

 そこで②の牡蠣が日本にばら撒かれることになる。

 

②ノロウィルスを含む生食牡蠣

知っての通り、生食用表示では滅菌人工海水で22時間の浄化が義務付けられている。

しかし、細菌群とe-coliの数値は大幅に低下させられるのだが、ノロウィルスは取り除くことができないのだ。

 

よって、細菌群とe-coliが規定内でノロウィスルがたくさん入っている生食用牡蠣が流通する・・・

 

 

そしてこのことを知らない提供者がたくさんいるという危険。

 

 

 

(とても大事なことなので、今日はこれだけの説明にしておくね。)

 

続く・・・ 

0 コメント

【危険⚠】加熱用がおいしい??

加熱用牡蠣には2種類の牡蠣がある。

太字の2種類だ。

 

①細菌群・大腸菌群を大量に含み、さらにノロウィルスを含む加熱用牡蠣

②ノロウィルスを含む生食牡蠣

③ノロウィルスを含まない生食できるが、加熱用にしている牡蠣

③'ノロウィルスを含まない生食用牡蠣

 

④【別次元】ノロウィルスを含まない生食用牡蠣で形状や身入りが狙っている通りになっているもの

 

順に説明していくね。

 

今回の「よい」「わるい」は食品衛生法を基準としていて

個人的には、 改善の余地あり と思っているのでアシカラズ

 

加熱用と表示しなければ、売ってはいけない牡蠣

これは、海が汚染されていて、一定数以上の細菌群がいる海域の牡蠣は加熱用と表示義務がある。

(検査もせずに売っているアフォも見かけたことがあります、通報)

牡蠣小屋のスタイルが「危ない」というのは、だいたいがこの①の汚染された加熱用を使用し、さらには調理をお客さんがするという危険極まりない食べ方だから。

ノロウィルスは中心温度90度90秒以上の加熱で不活性化するが、その情報を消費者が理解しているか?

それ以前に汚染されたヘドロ臭い「新鮮な」牡蠣を食べさせて、牡蠣を不味いと思わせるのか・・・

中には生食できる加熱用牡蠣を使用しているお店もあるんだけど、まぁまぁないよね。

 

②を話す前に、この食品衛生法には欠陥があるということを、伝えなきゃならない。

「ノロウィルスに関する衛生基準がない」

ということ・・・。

 

つまり、

 

どんなにノロウィルスが入っていても、

生食用として出荷しても、、、(つづく)

0 コメント

シーズン中の味の移り変わり

みなさまメリークリスマス。

トナカイは鹿科のトナカイ属。

空飛ぶ空想の生き物じゃないですよ。

 

現在シーズン中の真牡蠣はイタボガキ科マガキ属。

 

真牡蠣のシーズンが始まるのは11月頃。

春から夏にかけて産卵を終えた牡蠣が、また太ってくる時期だ。

寒くなり海水温が下がり始めると身が入り始める。

 

12月はさっぱりとした味わい。

貝柱の旨味が強く感じられる。

そこから4月頃のシーズン終わりまで、徐々に腹の部分、

グリコーゲンの割合が大きくなり、ねっとりとした食感になる。

 

グリコーゲンはそれ自体では無味無臭だが、他のアミノ酸や有機酸の旨みを引き立てて、コクをだしたり、味に持続性を持たせたりする。

 

食べ始めの多くの人は、この「ねっとり」とした食感が好きなようなのだが、牡蠣を食べる機会が多くなると

グリコーゲンと貝柱、その他の旨みや甘みとのバランスを重視するようになる。

 

マイスターに「201●年の●月の●産、だれだれの牡蠣が好みだった」と伝えるとそれに近い今年の牡蠣を選んでくれるハズ。。

 

個人的には1月後半から2月くらいの味のバランスが好きだ。

忘年会で牡蠣しゃぶや牡蠣酒、牡蠣フライパーティーが連発の中、1ヵ月先の牡蠣のことを考えています。

 

牡蠣に詳しくなったらこちら→かき検定を受けてJrオイスターマイスターになろう!

0 コメント

シングルシード方式

牡蠣の育て方。シングルシード方式だと形をそろえやすい。

さて、そのシングルシード方式、前回はなしたカルチ式と違うところは、牡蠣の稚貝が1つ1つバラバラってこと。

カルチはホタテの貝殻に20~30個程度ついているものを海に漬けて育てるのだが、1個ずつばらばら。

こんな感じで研究所で育てられている。

最初は小さすぎて砂粒のよう。

これらはある程度の大きさまで研究所で育てられ、そのあとに生産者に渡り養殖が始まる。種はまあまあ高いってさ。

 

カゴの中に入れて海に垂下するのが一般的だ。

カルチのように密集して他の牡蠣に干渉されにくいのが特徴だが、コロコロとカゴの中で転がるので同じ海で育てても少し成長が遅くなるようなの。

さて、日本で初めてシングルシード方式を始めたのは北海道の厚岸。オーストラリアへの視察を重ね、1999年に厚岸町カキ種苗センターができた。

これは厚岸湖に昔からいた原種の真牡蠣の復活のためである。

(厚岸湖の真牡蠣は1度ほとんど絶滅している)

そこでできたのが、あの有名なブランド牡蠣「カキえもん」なのだ。

 

そんな歴史を感じながら食べるカキえもんはまた格別!!

 

<牡蠣に詳しくなったら検定にチャレンジ>

0 コメント

牡蠣の育て方「カルチ式」

牡蠣の育て方にはカルチ式の方法とシングルシードをカゴで飼う方法がある。きょうはカルチ式についてのお話。一般的にはホタテの殻に牡蠣の種を20~30個つけて1~2年間養殖する。

それを垂下式養殖する。

垂下式は「浮くもの」にロープをくくり付けて、海に向かってらす方法。「浮くもの」は海によって筏を使うか、フロートを使うか。筏を使うにしても鉄か木か竹かで揺れ方が異なるので牡蠣のでき方は違うのよ、フロートもどんくらい繋げるかでね。


写真はフロート垂下のカルチ式養殖岩牡蠣を揚げてもらっているとこ。


カルチ式は密集してしまうために形をコントロールするのが難しい。

0 コメント

ノロウィルスについて

ノロウィルスはサポと同じカリシウィルス科の属名で、一昔前は「お腹の風邪」であった。比較的新しく認知されたウィルス。


感染の経路は「人→人」の他に、「人→川→海産物→人」の循環。人が出したウィスルが人に戻ってくるという・・・。

牡蠣でいうと、人がたくさんいる川の流域のものは汚染される。人の腸管の中で増え、牡蠣の中や海水中で増殖することはない(人がいないところには存在できない)。

感染すると1~2日の潜伏期間の後、発症。腹痛・頭痛・発熱・悪寒・筋痛・咽頭痛・倦怠感・・・。特別な治療なしで回復するが、その後1週間程度は便中にウィルスが排出されるので2次感染の予防が大切。


ウィルスを含む牡蠣を安全に食べるには中心温度85~90℃で90秒以上の加熱が望ましいとされているが、牡蠣こんなに加熱するとね・・・。

ノロを含む食品を切った包丁やまな板から生食用の食材へ汚染が広がることも。なので僕らは最初からノロの入っていない牡蠣を選んで調理することを推奨している。加熱用の牡蠣、カキフライや蒸牡蠣の加熱が不十分で感染するケースが多い。


今年も去年と同様でGⅡ型のノロが流行しているよう。12月中旬がピークだから2次感染には十分に注意!!

ちなみにノロはエンベロープを持たないのでアルコール消毒では失活しない。

手洗いはたくさんの水でウィルスを流し落とすようにあらってね。

牡蠣に詳しくなったらJrの試験を受けよう♪

 

 

2 コメント

牡蠣の季節

冬~春→真牡蠣

夏~秋→岩牡蠣

これらは牡蠣の産卵時期によるもので、牡蠣が毒化するとかそういうことはない。



いまは海外産もあるし1年中食べられる。


余談だが日本は長らく剥き身市場が続き、殻付き生牡蠣を食べる文化がなかった。そのためカップの形を揃えたり、すべての牡蠣の身入りを均等にしたりする技術が浅かった。海外に比べて劣るものも多いが、近年はずいぶんレベルが上がってきている。安全でおいしい牡蠣を食べるには海と生産者を選ぶこと。

0 コメント

牡蠣のエサ

プランクトンを食べるために、1日に約300Lの海水をろ過する。食べるのは主に植物性のプランクトン。どんなプランクトンを食べるかで牡蠣の味や匂い、色も変化する。海が汚れていれば牡蠣も汚れる。海の汚れは川の汚れ。

最近は雨の後がひどい。雨が降ると道路など様々な場所を通った雨水が川から流れ込むので、汽水域は汚染状態になりやすい。